焼酎百景 酒草子(しょうちゅうひゃっけい ささぞうし)

« 京屋酒造の醸造場に潜入!おいしさの秘密を探った!! | メイン | 六本木Bar Abbyにてへベスリキュールのカクテル二種を味わった »

2004年10月30日

多摩川のほとりにある癒し系バーで、焼酎の飲み比べ

kanban.jpgつい数ヶ月前の暑さが嘘のように、肌寒い日々が続いていますね。こんな時期には暖かい部屋で飲む温かい焼酎が格別です。

さて、そんな寒空の下でも南国の雰囲気を味わえるバーが、今回の突撃取材先、「CAFE SUNSET BEACH」です。やまけん氏による「Bar オーパ 門前仲町店」への突撃に続く第3弾は、私の地元のカフェバー、「CAFE SUNSET BEACH」をご紹介します。

手前味噌ですが私の地元、川崎市登戸はオーガニックレストラン&カフェや、おしゃれなカフェバーなどが最近増えてきている注目の街です。また、近くに明治大学、専修大学があるせいか、学生向けの安くておいしい食事どころもたくさんあります。電車だと新宿から急行で約20分と、都心からのアクセスもなかなか良いです。近くには多摩川があり、のどかな風景が楽しめます。

■CAFE SUNSET BEACH
〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸1728
tel:044-933-8505
営業時間:午前11時半~深夜2時
定休日:日曜、祝祭日

都心から車で世田谷町田線を町田に向かい直進した先にあるこのお店は、都心の喧騒を離れた多摩川のほとりにあります。「海の家」のようなゆったりした空気が店内には流れていて、外は冬に向かっているということを忘れてしまいそうです。

kabocha.jpgハロウィンが近い中お邪魔したので、カウンターにはかぼちゃのディスプレイが賑やか。そして店内にはイチロー似のマスターが!(かなり似ています。ぜひ顔写真を!とお願いしたのですが…。「いやいや…」とお断りされてしまいました。マスターに会いたい方はぜひお店で!)

このお店ではカクテルはもちろんのこと、本格焼酎や日本酒、そしてハワイのコナビール、メキシコのコロナビールなど、様々な飲み物が楽しめます。

さて、今回も前回と同様、マスターに試飲いただいたのは以下の焼酎です。お家でくつろぎながら、ロックで試飲いただいたとのこと。

shouchu.gif

■飲んだ印象はいかがでしたか?

甕雫はクセがなくて飲みやすい焼酎ですね。スーパーライトかんろはやや辛口な印象をうけました。かね京かんろはフルーティで女性に好まれそうです。うちのメニューでいうと、アボカドとトマトのサラダなんかが合いそうですね」

tomato.jpgアボカドとトマトのサラダはこちらです。アボカドとトマトを切って、塩とレモンで食べるシンプルなもの。アボカドのねっとりしたコクをレモンがスキッと洗い流してくれる、爽やかな一品です。そして塩とレモンによってトマトの甘さが引き立って美味しい!このようにシンプルな味付けのものには、確かに低温で蒸留されたフルーティな焼酎がよさそうです。お互いが味の邪魔をせず、調和しそうですね。

■では、残りの焼酎はいかがですか?

かんろは辛口、すっきり系で、刺身などに合いそうですね。特選かんろも辛口ですが、かんろと違って芋の香りが強くでている気がします。男性的な酒だと思います。時代蔵かんろは甘口で深みがあります。一番気に入りました。うちのメニューにはないのですが、グラタン、チーズ系など、とろみとコクがある料理に合いそうですね。」

なるほど!焼酎にグラタンとは意外でした。でもお話を聞いていると、確かに料理に負けない強さを持ったお酒なので合いそうです。試してみたいですね。

マスターのお話を聞いていると、前半のABC(低温蒸留のもの)は女性的なやさしい感じで、前菜などの軽い食べ物に合いそう。後半のDEF(高温蒸留)は男性的で力強い感じで、しっかりした食事系の食べ物に合いそう、というカテゴリー分けができそうです。

■焼酎をカクテルのベースにすることはありますか?

純度が高いホワイトリカーならありますが、素材の味が強くでている本格焼酎は、他のものと割るよりもそのまま楽しむほうがいいと思いますね。でもあえて使うのであれば、比較的クセが少ない麦焼酎がいいかと思います。

今カクテルのベースとして主流になっているのは、ニオイが少なくてクセのないウォッカです。他に混ぜるものの邪魔をしないからです。本格焼酎の中で比較的ウォッカに似ているのが麦焼酎ですかね。

ふむふむ。確かに本格焼酎を他のもので割ってしまうのは、せっかくの素材の味を殺してしまうことになりかねないので、もったいない気がしますよね。

今回、マスターはこれらの焼酎を家で鱈の甘露煮と一緒に召し上がったそうですが、どの焼酎にもぴったりだったそうです。食中酒の王、焼酎。恐るべしです。

どんな料理にも合ってしまうがゆえに、特にぴったりの料理をピックアップするのは結構大変だったのではないかな?と思います。お忙しい中、難しいピックアップにご協力頂き感謝です!

何にでも合ってしまう焼酎に、あえてさらに上を行くぴったりの相性を探求する。そんな難しいけど面白い実験を、これを機にあなたもしてみませんか?

------

(お知らせ)
私ごとで恐縮ですが、このたび社団法人 日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの試験に合格しました!ワインの勉強で得た、料理とお酒との相性に関する知識や、お酒の歴史の知識などを生かしつつ、皆さんのお役に立てるような記事がかけるよう、ますます精進しますので、今後もよろしくお願いします。

投稿者 Admin : 2004年10月30日 02:52